Company History

JAMISは、1979年フロリダ州タラハシーで誕生した。最初の製品はビーチクルーザー。それはアースクルーザーと呼ばれ、その製粉の評判は瞬く間にフロリダのビーチに響き渡った。創業当初、ビーチクルーザーを中心に展開していたJAMISは1983年、現在のMTBの原型ともいえるDAKOTAを発表。1985年にはDAKOTAやDAKARを発表し、名だたる世界のMTBブランドの一員となった。1988年にはロードバイクへの生産にも着手し、スチールフレームの代表格であるECLIPSE、QUESTはこの時に誕生した。1998年には伝説のMTB DIABROを発表。DIABRO(悪魔)というネーミングは当時のアメリカの専門誌が、不吉とのことで紙面紹介の際は、モデル名をブラックバーで消したという裏話もある。このころより、スチール、アルミ、カーボンの現在では標準となっている素材をそれぞれ使い分けて使用していた。

若かりし日のGREG WEBBER副社長 1976年創業者の一人GREG WEBBER副社長が西海岸からオハイオまで数千マイルを走破したとき。
この時の情熱は今も変わっていない。
spacer

JAMISの歴史はアワードの歴史といっても過言ではなく、アメリカでの評判は非常に高い。1988年の米誌バイシクルマガジン・エディターズチョイスを受賞以来、毎年アワードを獲得している。2018年にはRENEGADE ELITEとKOMODO EXPERET 2車種が、バイシクリングマガジン・エディターズチョイスに同時受賞するという快挙を成し遂げた。

ニュージャージー本社受付カウンターには数々のアワード盾が飾られている。
spacer

JAMISの開発陣は本社のあるニュージャージーのほか、カリフォルニアにも拠点があり、MTB/COMMUTERがニュージャージー、ROADがカリフォルニア。MTBの開発はオフィス近隣に多くのトレイルがある本社、ROADの開発には、メジャーレースのある西海岸が適しているというわけだ。開発陣はコンピューターグラフィックを駆使しコンピューターでデザインされたものは、即座に3Dプリンターにて立体的に表現され、各部のデザインや稼動が設計通りになるかをテストし、実際に走行が出来るサンプルを作成。テストサンプルは近隣のトレイルにて幾度もテストされ、確実な製品となる。

JAMIS BICLEニュージャージー本社
開発陣のほか、運営チーム、マーケティングチーム、倉庫も兼任している。

JAMISが創業した1979年当時、スチールが唯一の素材。40年近く経った現在では絶対的なフレーム素材ではなくなったが、JAMISはスチールを愛し、スチールとともにあり、スチール製のバイクを作り続けている。そのスリムでストレートなルックスとシルキーな乗り心地はJAMISの代表的な素材であり、またそのノウハウはカーボンやアルミのモデルにもフィードバックされている。

初代DAKARを手にする、GREG WEBBER副社長 初代DAKARを手にする、GREG WEBBER。
このDAKARは日本の東洋フレーム製だ。

TOPに戻る